次世代シーケンス解析(NGS)ラボラトリー「NGS Labo」
次世代シーケンス解析(NGS)ラボラトリー「NGS Labo」 » 次世代シーケンス受託解析会社一覧 » GeneBay

GeneBay

GeneBay公式HP
引用元:GeneBay公式HP(https://genebay.co.jp/)

次世代シーケンス解析(NGS)を依頼するなら、どのようなシーケンサーを完備し、どんな解析をしてくれるのか、サービス内容をしっかり確認しておきたいものです。ここでは、次世代シーケンス受託解析をサービス提供するGeneBayについて詳しくご紹介します。どの会社へ依頼しようか迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

GeneBayはどんな企業なのか

解析受託サービスをメインとする専門企業

解析受託サービスをメインとする専門企業

GeneBayは神奈川県に本社を置く国内企業で、次世代シーケンス解析をはじめとするオミックス解析の受託サービスをメイン事業としています。ゲノム解析やトランスクリプトーム解析に基づく研究・事業サポートを幅広く手がけているため、目的に合わせた方法の選択が可能です。

実験からシステムまで、ソリューションを提供

実験からシステムまで、ソリューションを提供

ニーズに合わせ、オミックス解析関連のシステム開発を行っているのもGeneBayの特徴。実験からデータの解析、解析システムの提供まで一貫したソリューションを提供しているため、初めて次世代シーケンス解析を行う方にとっても頼もしい存在だと言えるでしょう。

複数のシーケンシングサービスプロバイダーと提携

複数のシーケンシングサービスプロバイダーと提携

次世代シーケンス解析に用いられるシーケンサーには様々なものがありますが、GeneBayでは複数のシーケリングサービスプロバイダーと提携することで、多種多様な機器を揃えているのも魅力。用途に沿って、ニーズに適したサービスプロバイダーを提案してもらえます。

対応するサービスとは

GeneBayの次世代シーケンス解析受託サービスは、様々な機種を使い分けることでDNA、RNAを問わず幅広い解析が可能。全ゲノムリシーケンスからエキソーム解析、RNA-Seq解析など、目的に合わせて選択できます。

全ゲノムリシーケンス

GeneBayの全ゲノムシーケンスは、IlluminaやPacBio、ナノポア、DNBSEQなどのシーケンサーを用いて行われるのが特徴。塩基変異や多型の検出などに適しており、コストはかかるものの広範囲のデータを取得できます。

エキソーム解析

主にIlluminaのシーケンサーを用いたエキソーム解析。範囲が絞られる分、目的に関しては詳細な結果を得られる確率が高く、費用対効果が高いと言われています。

カスタムターゲット解析

Illuminaターゲットシーケンス、もしくはIlluminaアンプリコンシーケンスと呼ばれる方法で解析。ゲノム上の注目遺伝子領域のみを標的とし、既知の疾患やがんパネル以外にもカスタムパネルの設計から任せることが可能です。

メタショットガン解析

環境微生物群集を対象とした調査を行うためのメタゲノム解析。GeneBayではウィルスや真菌(カビ)なども併せてシーケンス可能なメタショットガン解析を提供しており、方法によってIllumina やDNBSEQ、ナノポアなどの機器が用いられます。

RNA-Seq解析

上記は主にDNA解析ですが、RNA解析で代表的なのがRNA-Seq解析。これもIllumina やDNBSEQ、ナノポアなどのシーケンサーが用いられ、遺伝子発現量や新規転写配列の探索、融合遺伝子探索などに適しています。

その他にも、全長cDNAシーケンシングやReduced representationシーケンス、メタ16S解析などを提供。目的や用途に応じて適した方法は変わってきますから、詳しくはGeneBayにご相談ください。

このメディアでは、研究要件に合わせて次世代シーケンス受託解析する会社を紹介しています。研究内容に合った解析サービスをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

シーケンサーの種類

Illumina MiSeq/HiSeq4000/ HiSeq X/NovaSeq

上記はすべてイルミナ社のシーケンサーで、MiSeqは小型卓上式、かつロングリードに適した高精度な解析に適しています。HiSeq4000は2フローセル(測定器)対応で、迅速かつ経済的な解析を実現。HiSeq X/は全ゲノム配列解析専用のシーケンサーとなっており、NovaSeqは大規模な解析にも応用できるなど、それぞれに特徴が存在するため、目的に合わせて選びたいものです。

PacBio RSII/ Sequel/Sequel II

こちらはPacBio社が開発したシーケンサー。PacBio RSII/ Sequelは1分子リアルタイム(SMRT®)により、ロングリードに適した機器です。Sequel IIは上位互換と言うべき存在であり、高精度かつはるかに長いリードに対応しています。

受託解析サービスの流れ

  1. 問い合わせ
  2. 打ち合わせ
  3. 契約/発注
  4. サンプル/データの受け渡し
  5. 解析
  6. 納品

GeneBayの企業情報

会社名 株式会社ジーンベイ
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-8-8 日総第16ビル401
営業時間 公式HP記載なし
営業日 公式HP記載なし
電話番号 045-534-7647
公式サイトURL https://genebay.co.jp/
研究内容に合わせて選ぶ!
おすすめ次世代シーケンス受託解析会社3選
解析不良に関するトラブルシュートやそれを改善するノウハウを蓄積し、品質担保に努める企業として第三者機関から評価を受ける「ISO9001」を取得し、他社の解析サービスを代理店販売していない次世代シーケンス解析サービスを提供する企業の中から、「初めての受託解析」「cfDNA変異解析」「創薬の研究・開発」といった研究内容に合わせておすすめのサービス提供会社をご紹介します。気になるサービスがあれば、問い合わせてみましょう。
初めての受託解析なら
北海道システム・
サイエンス
北海道システム・サイエンス公式HP
引用元:北海道システム・サイエンス公式HP
(https://hssnet.co.jp/)
研究者の意向を汲みとり、
柔軟な解析ができる
特徴

「実験相談窓口」を設け、様々な生物種や解析目的に応じた実験計画から実験プロトコル、データ解析まで研究者の立場に立った提案をしてくれる。

北海道システム・サイエンス
の公式HPを確認する

電話で問い合わせる

北海道システム・サイエンスについて詳しくみる

cfDNA変異解析をするなら
タカラバイオ
タカラバイオ公式HP
引用元:タカラバイオ公式hp
(https://www.takara-bio.co.jp/)
cfDNAを材料にゲノム解析を
行い、変異遺伝子を検出できる
特徴

遺伝子解析の中でも、ThruPLEX技術を用いたタカラバイオオリジナル解析サービス「cfDNA変異解析」を提供。変異した遺伝子を検出。

タカラバイオの
公式HPを確認する

電話で問い合わせる

タカラバイオに
ついて詳しくみる

創薬研究・開発なら
理研ジェネシス
理研ジェネシス公式HP
引用元:理研ジェネシス公式hp
(https://www.rikengenesis.jp/)
ワンストップでコンパニオン
診断薬や新薬を提供できる
特徴

遺伝子バイオマーカーの測定から、コンパニオン診断薬(CDx)を含む体外診断用医薬品の開発、薬事申請、製造販売までワンストップで対応

理研ジェネシスの
公式HPを確認する

電話で問い合わせる

理研ジェネシスに
ついて詳しくみる

【選定条件】
※2023年2月20日調査時点で「次世代シーケンス解析 受託」とGoogle検索し、50位までに表示されるNGS受託サービスを提供する企業29社のうち、「ISO9001」を取得し、他社の受託解析を代理店販売しておらず、公式HPでサービス内容をしっかり確認できる日本資本の会社を3社ピックアップ。その中から公式サイトで確認できる情報をもとに以下の条件で要件ごとに各サービスを選定。
初めての受託解析…北海道システム・サイエンス(調査した結果、3社のうち唯一、実験相談窓口※サービスを行っている)
※参照元:北海道システム・サイエンス公式HP(https://hssnet.co.jp/product/total-support/
cfDNA変異解析…タカラバイオ(調査した結果、3社のうち唯一、オリジナルcfDNA変異解析※を提供している)
※参照元:タカラバイオ公式HP(https://catalog.takara-bio.co.jp/jutaku/basic_info.php?unitid=U100009437
新薬の開発…理研ジェネシス(調査した結果、3社のうち唯一、開発・薬事申請・製造販売までワンストップで対応※できる)
※参照元:理研ジェネシス公式HP(https://www.rikengenesis.jp/placement/development.html